Hatena::Groupsocinfo

2014-11-27 [ 日曜社会学>社会学的告知のカレンダー ]

告知申請は →掲示板*か メール にて。  (※ただしイケメンはてなユーザに限る。)

<前の日 | 今日 | 次の日>

2014-11-27

[][] 朝日カルチャーセンター新宿:酒井泰斗「独学者のための社会学入門」(全2回)

独学者のための社会学入門

社会学は、外延も核も茫洋としていて、独学者にとっては特にアクセスの難しい学問の一つであるように思います。とはいえ、現在の社会学は、基本的には20世紀中葉の北米において作られたものであり、その革新は、大陸の社会学説を摂取しつつ、それを心理学や人類学の発想と技法の助けを借りて経験的に確かめようとするところから始まりました。そしてまた現在の社会学の多様性も、おおむね「これらの継承発展-と-それに対する反発」という軸におけるバリエーションとして捉えることができるように思います。したがって、この時期の議論を知っておくと社会学にアクセスしようとする際に役に立つでしょう。(講師 記)

【概要】

 この講義では、上述の観点から、当時の北米社会学において重要だった幾つかの研究主題(小集団、広告、選挙、組織など)から二つ程度を選んで解説します。これらは、

  • 北米における社会学の立ち上げに貢献し、
  • そこで開発された手法は現在でも用いられているにもかかわらず
  • 現在では社会学の領域からほぼ消えている

ものです。この不思議な事態について、事例を見ながら検討することで、社会学とは何だったのかについて みなさんと考えてみたいと思います。

出発点にして背景となるトピックの幾つか:
  • なぜアメリカ人たちにとって「コミュニケーション」という言葉が格別に重要だったのか。
  • なぜアメリカ人たちは「社会秩序」を問題としたのか。この言葉の意味しているものは何だったのか。
  • 心理学・人類学などとの学際的協力関係と財団からの予算獲得。
  • 20世紀中葉の社会学のトレンドにおいて、タルコット・パーソンズはどのような位置にあったのか。

などなど。


日曜社会学(de)blog